ゲームその他諸々について思うがままに綴るブログ。ゲームはパズドラとディバゲ時々ポケモン。

【まじめ】法定速度で走る車を煽る老人が悲惨な事故を引き起こす【雑記】  

実験の待ち時間にこんばんわ。

タイトルの通りです。

私は福岡県のとある田舎(福岡は田舎だらけですよ)に住んでいます。
田舎ですから当然の如く車社会かつ老人の割合も高いわけです。
当然「後期高齢者ドライバー」と呼ばれる人も都会に比べれば多いわけです。

日曜日のことでした。
外出するのに車に乗った私はいつも通り(ここ大事)安全運転をしていました。
当然法定速度(この時は40km/h)を守りのんびり走っていました。
田舎ですから片側一車線の普通の道です。

すると後ろから軽がみるみる近づいてきます。
「いやあんたそれ速度超過でしょ、捕まれよ」と思いながら速度を上げずに走っていました。
私は法定速度を守っているだけなんですよ。

信号停止するとアホみたいに車間を詰めてきます。
「あーそういうやつ」と私も察します。
どんなクソドライバーかと思ってみると、ご老人です。
助手席には奥さんを乗せています。
ものすごい形相で前を睨んでいます。

そもそも免許をお持ちの皆さんは、信号停車時の車間距離についてどのように習いましたか?
私は
「前の車の後輪が見えるくらいまでなら詰めていい」
とならいました。


「そんなに法定速度(40km/h)が嫌なら国道3号線でも走れやwwww」
と思いながら信号が変わって再び車を動かし始めました。

「あーぴったりついてくるなー、うざいなー」
そんなことを思いながらも法定速度を守って車を運転します。

ここまで煽られたらやり返すしかありません、ただし違法な運転はしてはいけません。
事故が起こった時に、100%俺は悪くないんだ!と言える運転で仕返しをする必要があります。

そうです。
法定速度で走り続けるのです。

そもそも一般道は最低速度が決まっていない道なのです。
故にどのような速度で走っても違法ではありません。
もちろん道路状況を読み、適切な速度で渋滞の発生を回避する必要はありますが
速度超過は犯罪です

もちろん警察の速度計ががばがばで+10km/hまでは速度超過にならないと知っていてもです。
煽られてスピードを上げたら負けです。

結局このご老人が運転する軽は私と目的地が同じだったらしく、最後までぴったりつけてきました。
挙句、駐車場に入る際に、歩道の手前で歩行者がいたので停止していたら
クラクションまで鳴らしてきました。
クラクションの使い方、間違ってますよ。

そんなこんなでタイムリーな話題ができてしまったので書いてみました。

最近高齢者が若い世代を轢き殺す事件が相次いでいます。
事故ではなく、事件です。

だってそうでしょう。
アクセルとブレーキを踏み間違えるような人間が運転する車ですよ。
「自分だけは大丈夫、そう思ってませんか?」
てよくオレオレ詐欺とかの防止キャンペーンみたいなので言ってるけど
これ認知症もでしょって思います。

確かに現在の免許制度が時代に追いついてないのも事実なんですよね。
65歳過ぎたら、免許の更新は実車試験もありにする、とかしてほしいよね。
もちろん訓練なしで受ける試験ですよ。
まぁ面倒だから絶対にやらないだろうけどね。

アクセルとブレーキがわからないってそれ犯罪予備軍やんけ。
普通の人はアクセルとブレーキ間違えないし
車が急発進して人を殺した時も間違えたって言うけどね
普通の人はそんな急に一気にブレーキ踏まないんですよ。

大体停車してる車でそんな急にブレーキ踏まないやろ。
落ち着け。
車に乗るのに興奮して落ち着けないなら
殺人者になる前に運転をやめましょう。

老人はそんな人ばかりじゃない!
と反論したい方へ。
ゆとり世代もあんなのばかりじゃないのです。
それと同じです。
一部のアホのせいでその世代全体のイメージが決まるんです。
そういう社会なんです。

これから生産世代になる皆さん。
今日もセカンドライフを楽しむ老人のみなさんにひき殺されないよう
気をつけて生活しましょう。

道路標識は見えない。
法定速度は守れない。
歩行者は邪魔者。

そんな運転者に殺されないように気をつけましょう。

被害者にならないように気をつけましょう
とよく無理難題をいろんなことに対して突きつけられますが
これは気をつけることができる、数すくない例だと思います。
なんで私たちが、と思いますが
殺されてから後悔しても遅いですから。
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/21 Mon. 19:22 [edit]

categoty: 未分類

tb: 0   cm: 0

top△

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://0g5e1n9.blog.fc2.com/tb.php/104-29bc7c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top△