過去キャラの救済・強化は誰のためにあるのか

タイトルの通り。

ゲームごとに事情はあれど、目的は同じでは?
という観点から書きます。

「そもそもやる必要ある?」


いわずもがな「白猫プロジェクト」的な考え方。
過去キャラを強化しても1円にもならない。
休眠ユーザーの復刻なにそれおいしいの?状態の運営。
1億までひたすらリセマラ数を伸ばすことに注力し、達成後は一部の廃課金から絞りとる。
廃課金もアホばかりではないため、売り上げは激減
パルメショックにより株価暴落。
その後ヴァリアントを出すも微妙。
まとめサイトには「ヴァリアント廃止か!?」と書かれる始末。
ゴミ運営。
ゴミ経営。

温泉というイベントがあったんですが
多分リアルイベバスツアー中止
という大失態を犯したイベントゆえ黒歴史化
神気解放どころか、復刻さえ告知なし。
闇に葬られしイベント。

クリスマス2015の神気解放は予告済み。
これはクリスマス(12/25)まできません。

パズドラ的観点。

強化するキャラが未だに入手可能。
ピンポイントではあるが、環境に刺さる

例えば転生ハーデス
(使った感想ですが)
酒呑童子の発狂を余裕で耐える。
まともにもらえば15万超の連続攻撃。
間違いなく即死。
それを簡単に攻略してしまう。
ピンポイントながらもここぞというときに強さを発揮してしまう。
これがパズドラ的な目線なのでは、と思います。
まぁ転生後の経験値の重さはすでに公認プレイヤーが疑義を唱えていますのであえて触れません。

白猫とパズドラでは
根本的に異なるシステム、信条で運営されているので
単純比較はできませんが
それでも白猫運営はユーザーの動きが読めていないと思う。

パズドラと白猫の根本的な違いは
・スタミナがあるかないか
だと思っている人が多いことでしょう。

しかしもっと違うところは
工夫次第でどうにかなるかどうか
である(と少なくとも書き手は考えている)

以下パズドラと白猫を比べ、徹底的に叩きます。
信者はブラウザバック。


パズドラは無課金キャラでも強いキャラが存在する
一方で白猫は無課金キャラを鍛え上げないといけない(例:神気ダグラスフル装備)

さらにガチャのハードルが高い。
確率で言えば
もはやパズドラのレアガチャの金率>>>>白猫の☆4率なのである。
そもそもパズドラは金ならなんでもそこそこ使えるのに対して
白猫の☆3(金)はゴミしかいないからである。

さらにパズドラは降臨、スペダン等マルチでやると比較的クリアしやすいダンジョンが多い。
一方で白猫は(強キャラを)4人集まって初めて快適にプレイできるレベル、なのだ。

これは前提の置き方に違いがあるために生じるずれで
パズドラは元々ソロで遊び、マルチでより多くのユーザーが参入できるようにしたもの。
白猫は元々マルチ前提である。

白猫運営に言わせれば
・マルチする時間のない社畜
・マルチする時間のない社会人(含ラボ畜)
は、いらない、ということなのだと思う。

これは信者だけを選抜して
それでも成り立つ運営が取りうる手段であり
白猫のような万年二桁運営が使える手段ではないのではないだろうか。

ただでさえ
ポケモンに押されているスマホ業界が
ただでさえ
ゴミみたいな運営をしている会社が
果たして生きていけるだろうか(反語)。

なんにせよ
白猫運営はいますぐ方針を考え直すべきであり
現状の方向性を考え直す必要がある。

キャラを使い捨てる運営に未来はない

と信じたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そら

Author:そら
クリスタルでポケモンにハマる。
中学から高校にかけて
部活に一生懸命すぎて
ゲームの楽しさを忘れる。
大学に入り、ポケモンに復活
(プラチナのおかげ)。

色々あって人生の休暇を取り()
その間にポケモン、乱数に目覚める。

その後スマホゲーにシフト。
いまでは立派なガンホーの犬。

最新記事
かうんたー
Twitter
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR