【ディバゲ】ディバゲ零はパズドラのパネル版と思っておけば普通に楽しめそう

ディバゲのこと。

零は探索パートカット、ということでこんなお知らせが出てます。



ストーリーが終了なのは知ってた。て感じですかね。

別の話になるからそりゃそうですわ。
降臨もたぶん二度とこないし、イベントクエストもたぶん二度とこないでしょう。
必然的に降臨ボスとかは入手手段がなくなると思ったほうがいいかも。
道中に出る雑魚は零でも健在のようですし(ガンフェス見る限りだと)。

気になるのはゲームの仕様です。

いまのディバゲは探索パート向けのスキルがありますね。
鍵開けとか便利です。トラップ回避とかもね。
これは他のスキルに変更、ということですが、どうなるのか。
気になりますね。
強すぎず弱すぎずの調整にしてほしいですが、やっぱり弱くなりそう。

それからいま猛威をふるっているユニットを使えなくするギミックがどんどん実装されそうです。
パズドラでよくあることだけど。

パズドラにあってディバゲになくて零で実装されそうなものを適当に書きます。

1. 属性吸収
言わずと知れたくそギミックです。
一番の対策はその色を使わないこと、です。
100%カットではなく、敵が回復します、勘弁して欲しい。

ディバゲ零で実装される場合、最初は炎か無のどちらかになると思います。
ヤシロヴェルンが真っ先に潰されると思う

2. バインド
問答不要でそのユニットを行動不能にしてきます。
パズドラで最初に実装されたのはディオスだったかな?
当時猛威をふるっていたホルス潰しに使われましたね(たぶん
いまでこそバインド回復は当たり前にあるけど、やっぱり嫌いです。

ディバゲ零でも実装されると思います。
で、新キャラでバインド回復を出すとかね。
LSにこのキャラはバインドされない、とかね。
覚醒の概念が入ってくるかもしれないけど、わかんね()

3. 操作時間短縮
最初に実装されたのはいつだったかな?イザナミ?

ディバゲはデフォルトが5秒なので、ー2秒くらいは平気でしてきそう。
つーかむしろいままで実装されなかったのが不思議なくらい。
ガンホーなら絶対にやってくると思います。

4. パネルが動かせなくなる
パネルを出すとこを塞ぐギミックはありますが
手札?を1枚動かせなくする、という意味です。
つまり使える手札は4枚だけ、みたいな。
もはやゲーム性を否定していないか?と思ったそこのあなた。
それをやるのがガンホーです。

5. スキル遅延
スキルを○ターン遅らせる、というやつ。
例えば10ターン遅延されたら、10ターンたつまでスキルが使えません。
スキル封印の対策ができるようになったときに登場したパズドラのくそギミックです。
これに対応するスキル遅延耐性という謎の潜在覚醒が登場するまでは
やられたら耐久するしかない、というくそギミックです。
スキルを使わせないくせに遅延したスキルが溜まる前に確実に殺しにくるキャラもいます。
ディバゲ零でも実装してきそう。

他にも考えつかないようなギミックを実装してくるのがガンホーです。
そのほとんどはユーザーに親でも殺されたのか、と言いたくなるようなものばかり。

スキル封印、先制割合ダメに関してはパズドラよりディバゲの方が厳しいです()
そもそも
パズドラの割合ダメの多くが現在HPを参照するのに対して
ディバゲは常に最大HPを参照して割合ダメを飛ばしてきます。
しかも属性の相性を反映するので恐ろしいです。

封印に関しては自分に封印をかけられる代わりにクリア封印という恐ろしいギミックがあります。

まぁなんにせよタイトルの通り
パズドラのように常に敵と対峙しながらしゅしゅしゅっとパネルを動かすゲームになりそうです。

探索がめんどすぎてやってらんねーぜ!と思っていたそこのあなた!
ディバゲ零やってみてはどうでしょうか。

リリース日は発表されてないけど、たぶん7月の10か11くらいです。

いまのディバゲをやっておけば、零が始まったときに楽かもしれません。
イベントラッシュきてるので、早めに始めておくといいかもしれません。

私はとりあえずパンドラを集めます!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そら

Author:そら
クリスタルでポケモンにハマる。
中学から高校にかけて
部活に一生懸命すぎて
ゲームの楽しさを忘れる。
大学に入り、ポケモンに復活
(プラチナのおかげ)。

色々あって人生の休暇を取り()
その間にポケモン、乱数に目覚める。

その後スマホゲーにシフト。
いまでは立派なガンホーの犬。

最新記事
かうんたー
Twitter
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR